現職組合員のサイト

  1. トップ
  2. よくある質問

よくある質問

互助組合について

互助組合ではどんな事業を行っているのですか?
互助組合では、組合員とその家族の生活の安定と、福祉の増進を図るために、給付事業や貸付事業、厚生事業、文化体育事業、公益事業、退職互助事業など、多種多様な事業を行っています。
互助組合はどのように運営されるのですか?
互助組合は、一般社団法人の法人格を得ているので、組合員の意見や要望を反映させるため運営方針は総会で決定されます。その他、各所属所に互助組合の学校代表者を置き、組合員の身近な意見や要望を取り入れるようにしています。また、総会と総会の間の運営は理事会が行い、規程の変更や予算の補正等重要な変更は理事会で議論され、評議員会の議決を経て行われています。
日常の事業運営はどのように行われているのですか?
日常の身近な業務は、互助組合事務局で運営していますが、事業執行に必要な件については、理事会が責任をもって決定しています。
互助組合へは誰でも加入できるのですか?
京都府の公立学校の教職員であれば加入できます。ただし次の方は加入できません。臨時職員の方・常時に勤務に服しない方・給与の全部または大部分が京都府以外の官公庁から支給されている兼務職員の方。

一般社団法人 京都府教職員互助組合事務局

電話番号:075-771-6186

窓口受付:月曜日〜金曜日(土・日・祝休業)

〒606-8397 京都市左京区聖護院川原町4-13

FAX番号:075-771-6180