現職組合員のサイト

  1. トップ
  2. 貸付 資金が必要なとき(貸付一覧)

貸付

資金が必要なとき

組合員が住宅購入や日常生活上で資金を必要とするとき、目的に応じて貸付を受けることができます。

貸付の種類 限度額
生活資金貸付 借替 200万円
越冬資金貸付 5万円
自動車等購入資金貸付 借替 300万円
入学資金貸付 1組合員1子につき 30万円
出産資金貸付 1組合員1子につき 30万円
高校等修学資金貸付 借替 1組合員につき 200万円
大学等修学資金貸付 借替 1組合員につき 200万円
結婚資金貸付 借替 1組合員につき 200万円
旅行資金貸付 借替 50万円
保険外医療資金貸付 借替 100万円
災害特別資金貸付 借替 200万円
育休資金立替  -
無担保ホームローン貸付 500万円 バリアフリー構造200万円割増
住宅資金貸付(融資機関 京都銀行) 500万円

「貸付」共通の留意事項

sp(1)未成年の方は法定代理人の同意書及び続柄を確認できる書類が必要です。

sp(2)貸付金と物資購入資金立替金をあわせた月償還額(半年賦償還は1/6の額を算入)が、
sp掛金対象となっている月収総額の30パーセントを超えない範囲で申し込んでください。

sp(3)印紙税法により、申込金額に応じた収入印紙(国税)の貼付が必要です。

sp(4)貸付金は、貸付日に申込人名義の個人口座に送金します。

sp(5)借替 マークのある貸付は、返済を24回以上した後であれば、借替をすることができます。

sp(6)退職などで組合員でなくなったときは、退職金等の給付から差引きします。
sp差引いても残高がある場合は、振込用紙をお送りしますので、期日までに振り込んでください。


申込書用紙
  • 第50号様式「貸付申込・金円借用証書」(貸付ごとに一枚の用紙を使用)
  • 無担保ホームローンは、第53号様式「無担保ホームローン申込・金円借用証書」

    ※用紙のダウンロードはこちらから
  • 裏面に記入の必要がない貸付の場合でも、最新様式の申込書を必ず両面印刷をしてください。
  • 高校等修学資金、大学等修学資金、自動車等購入資金、越冬資金、入学資金、結婚資金は裏面もご記入ください。

収入印紙の貼付

すべての消費貸借に関する契約には、印紙税法により、申込金額によって次のように収入印紙(日本政府発行)の貼付が必要です。

申込金額 印紙額
10,000円~100,000円まで 200円の印紙
100,001円~ 500,000円まで 400円の印紙
500,001円~1,000,000円まで 1,000円の印紙
1,000,001円~5,000,000円まで 2,000円の印紙
5,000,001円~ 10,000円の印紙

※印紙は「貸付申込・金円借用証書」の所定の場所に貼り、本人の割印が必要です。


借替

・24回以上返済した後であれば、同じ貸付を借替として申し込むことができます。

・借替ができる貸付は、生活資金、高校等修学資金、大学等修学資金、保険外医療資金、自動車等購入資金、旅行資金、結婚資金、災害特別資金です。

・返済中の貸付と同様の貸付を、新たに申し込まれる場合、申込額から返済中の残高を差し引いて送金します。※自動車等購入資金、旅行資金、保険外医療資金貸付については、必要な資金に未返済元金を加算して申し込むことができます。(ただし、申込限度額を超えない範囲内)

・24回以上返済していなくても、返済中の残高を一括返済すれば、貸付を申し込むことができます。

 

 

受付締切日
生活資金、入学資金、旅行資金、出産資金、保険外医療資金、災害特別資金 毎週水曜日
自動車等購入資金、高校等修学資金、大学等修学資金、結婚資金 毎月10日
無担保ホームローン 毎月5日

※締切日が事務局休業日の場合は、直前の開局日が申込期限となります。


貸付日

ア)生活資金、入学資金、旅行資金、出産資金、保険外医療資金、災害特別資金
⇒締切日の翌週水曜日(その日が金融機関の休業日にあたるときは、その日以後の最初の営業日)

イ)自動車等購入資金、高校等修学資金、大学等修学資金、結婚資金、無担保ホームローン
⇒締切日当月の20日(その日が金融機関の休業日にあたるときは、その日以後の最初の営業日)


貸付金の返済

貸付金の返済は、貸付日の翌月から互助組合控除金として引去ります。


一括返済

未返済金を一括で返済することができます。利息の計算がありますので、月の始めまでに貸付係に連絡してください。

振込用紙を送付しますので銀行にて期日までに振り込んでください。


償還(返済)猶予

休業等により無給になったとき、その期間の範囲内で貸付金及び物資購入資金の返済を猶予することができます。

第54号様式「貸付金及び立替金償還猶予申請書」を猶予を希望する月の前日20日までにご提出ください。


一部繰上返済

1年に1度、貸付残高の部分繰上返済をすることができます。(10月に案内)

  1. 一部繰上返済対象貸付金の名称及び種類コード
    種類コード 貸付金名称
    212 生活資金(Y)
    213 生活資金(S)
    204 旅行資金
    206・218 自動車等購入資金
    208 結婚資金
    211 無担保ホームローン
    214 高校等修学資金
    215 大学等修学資金
    216 保険外医療資金
    302 災害特別資金
  2. 金額
    貸付金の種類毎に10万円以上1万円単位
  3. 申込み受付期限
    一部繰上償還申込書(下記参照・種類毎に1枚)を11月初旬までに提出してください。
  4. 償還金納入方法
    12月控除明細書発送日に振込用紙を同封します。
  5. 償還金納入期限
    1月8日頃
  6. 償還額変更月   2月
  7. 記入例

※無担保ホームローンで一部繰上償還した結果、貸付当初からの返済回数が120回未満になると、ローン控除が受けられなくなります。


一般社団法人 京都府教職員互助組合事務局

電話番号:075-771-6186

窓口受付:月曜日〜金曜日(土・日・祝休業)

〒606-8397 京都市左京区聖護院川原町4-13

FAX番号:075-771-6180