一般社団法人 京都府教職員互助組合のサイト

  1. トップ
  2. 互助組合とは 準組合員とは

互助組合とは

準組合員とは

<加入資格>

年度内に通算して6か月以上(予定を含む)の任用期間のある臨時的任用職員(任用期間が10月1日から3月30日までの任用者を含む)で、京都府又は京都市から給与を受ける常勤の公立学校教職員及び2号組合員が所属する学校又は団体で任用された方が加入することができます。

<加入期間>

加入日から年度の末日までです。
年度途中で任用が終了しても、年度内は準組合員の資格があります。

<会費>

年会費2,500円です。事業の参加には一部を除き、別途参加費が必要です。

2014年度より、準組合員加入資格の任用期間が「当初から連続して6か月以上」から「年度内に通算して6か月以上(予定を含む)」となり、次のような任用の方も、準組合員制度に加入していただけます。

任用の仕組み

準組合員になられた方には、学校代表者を通じて準組合員証・ハンドブックを送付いたします。


一般社団法人 京都府教職員互助組合事務局

電話番号:075-771-6186

窓口受付:月曜日〜金曜日(土・日・祝休業)

〒606-8397 京都市左京区聖護院川原町4-13

FAX番号:075-771-6180